スポンサーリンク

”歩く”がポイントになる!歩数計ポイ活アプリ7選

スポンサーリンク
テレワーク

リモートワークがデフォルトになってきた昨今。悩ましいのは運動不足です。オフィス出勤でも運動していたわけではありませんが、それよりもさらに運動不足になるのがリモートワーク。でもそのために運動したりするのはちょっと億劫、そんなときは歩くだけでポイントをもらえるお得なウォーキングアプリを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

dヘルスケア

貯め方抽選型
レートミッション達成後、0~3ポイント
交換先dポイント
アプリ価格無料(有料版は300円)
URLhttps://health.dmkt-sp.jp/

dヘルスケアの特徴

◆ポイント獲得はほぼ達成型の抽選型
歩数計測や体重記録など、健康に関するミッションを毎日配信されています。その各ミッションをクリアすると抽選する権利をもらうことができます。その抽選で0~3のdポイントを獲得することができる仕様です。おおよそ1ポイントか2ポイントになることが多いようで、ほぼ達成型としています。

◆ヘルスケアデータをまとめて管理
歩数に加え、体重、⾎圧・脈拍もグラフで表⽰されます。さらに同性同年代の⽅たちの記録と⽐較することもできます。

◆健康に役立つコラムを無料配信中!
運動不足やダイエットの豆知識、腰痛対処法などの健康管理といった日常生活に役立つ実用的なコラムを無料で配信しています。

dヘルスケアのメリデメ

なんといってもdポイントが直接貯まることが一番の強みです。街中のお店でdポイントカードを提示して貯まるのは多くの場合200円で1ポイントですが、dヘルスケアの利用により1日当たり2‐3ポイントを貯めることが可能です。1カ月当たり60~90ポイント、12か月で720~1080ポイントを貯めることができます。

トリマ

貯め方達成型+抽選型
レート1,000歩で15マイルor60マイルもしくは1コイン
(30,000マイル300ポイントで外部ポイントに交換)
交換先ドットマネー
Amazonギフト券
iTunesギフトコード
nanaco
Tポイント
dポイント
Google Playギフトコード
Pontaポイント
楽天スーパーポイント
アプリ価格無料
URLhttps://www.trip-mile.com/

トリマの特徴

◆豊富なポイント交換先
トリマの最大の特徴は豊富なポイント交換先です。Tポイントやdポイントなどの主要なポイントはすべてカバーしていますし、AmazonやiTunes、GooglePlayといったギフトコードもカバーしています。

◆歩数以外のマイル獲得も可能
トリマはウォーキングアプリというよりもポイ活アプリなので、歩数以外のマイル獲得方法も豊富です。マクロミルなどのようにアンケートに答えることでマイルを獲得することができます。
ほかにもミッション機能では、他のアプリのインストールやクレカの登録などをすることでマイルを獲得することができます。
ミッション機能についてはこちら

◆ポイント獲得は達成形式+抽選形式
トリマのポイント獲得方法は「移動」と「歩数」の2種類があります。
歩数を伴わず車や電車の移動で貯めることができる移動マイル(100マイル)と、他のアプリ同様歩数で獲得できる歩数マイル(60マイル)です。

トリマのメリデメ

トリマのメリットは車や電車移動の多い人でも貯めることができる点です。移動は多いけど、歩くことが少ないといったポイ活ユーザーには必須アプリと言えるでしょう。またポイント交換先が豊富なので自分が貯めているポイントへの集約をすることが可能です。
ひとつ残念な点は、マイルは自然と貯まることがなく、動画広告の視聴が必要な点です。歩いたあとその日中に動画を視聴しマイルを獲得しなければなりません。(なお動画広告を視聴しなくても貯められますが、獲得できるマイルは大幅に減少します)


aluku&(あるくと)

貯め方抽選型
レートゲーム内ミッションによって変動
交換先Tポイント、ほか協賛企業の商品への応募
アプリ価格無料
URLhttps://www.arukuto.jp/

aluku&の特徴

◆ポイント獲得は抽選型
位置ゲー要素の強いポイ活アプリです。ゲーム内のミッションを達成することでポイントを獲得できます。たとえば「5時間内に800歩を達成」「10時間以内に3,000歩達成」といった内容で時間と歩数がg変動するケースが多いようです。

◆いろんなものが貯まり、それをもとに応募
aluku&で貯まるものは「ポイント、ゴールド、各種カードなど」があり、それらを使ってプレゼントに応募することができる仕組みです。

◆日本各地の名産品
応募できるのはTポイントだけでなく、日本各地の名産品に応募することができます。

aluku&のメリデメ

積極的にアプリを利用しながらポイ活したい方向けのアプリです。ポイントやゴールドはどんどんたまっていきますし、レベルが上がるといったゲーム要素が強いため楽しめるはず。
一方でできるだけ簡単にポイントだけ欲しい!といったストイックなヒトには不向きと言えるでしょう。そういった方はdヘルスケアやWalkcoinがおすすめです。



ALKOO(ナビタイム)

貯め方抽選型
レート30ポイントを使ったガチャ
交換先セブンプレミアムなどの商品が当選
アプリ価格無料(有料版400円/月)
URLhttps://products.navitime.co.jp/service/alkoo/ios_sp.html

ALKOOの特徴

◆抽選形式のポイント獲得
歩いて貯まる「ウォーキングポイント」は、ポイントを貯めて抽選にチャレンジすると素敵なプレゼントが当たります。
ウォーキングポイントは目標歩数を達成すると貯まります。この目標歩数は任意に変更できるので簡単に貯められることができます。

◆歩いた「記録」が残るログ機能
歩いて訪れた場所や歩数、撮影した写真を自動的に記録することができます。同時にメモも登録できるので日記のような使い方も可能。
ログ履歴は無料会員の場合前月まで、プレミアムコースなら期限なしで利用可能。

◆歩くを促進させるランキング機能
新しいことを取り組んでも三日坊主になり勝ち…。 そんな人におすすめなのが歩数ランキング機能です。 全国のALKOOユーザーや、都道府県別、年代別のランキングを閲覧することができます。全国のウォーキング仲間のランキングを見ることができ、歩くモチベーションを維持することができます。

ALKOOのメリデメ

地図や経路のサービスを提供しているナビタイムならではの機能として、ルートをレコメンドしてくれる機能があります。歩いた経路をログとして残す機能は他のアプリにも見受けられますが、こちらは「今日どこを歩こうかな?」をレコメンドしてくれます。
カーナビのように目的地を指定して、「距離が短い、大通り優先、裏通り優先」といった複数のルートを表示させたり、「おすすめコース」では日本各地の名所や史跡などを巡るモデルコースをご提案。観光や散策をしながら楽しくウォーキングができます。

いつものルートはもう飽きた、毎日違うところを歩きたいといったような方や、土日の日中は散策かねて裏通りを歩きたいが、平日の夜は安全な大通りを歩きたいといった方に向いているでしょう。

Walkcoin(アルコイン)

貯め方達成型&抽選型
レート6,000歩で1コイン
50コインで応募
500コインで交換
交換先Amazonギフト券
アプリ価格無料
URLhttps://www.agoop.co.jp/appslib/walkcoin/

Walkoinの特徴

◆ポイント獲得は抽選型
一日当たり6,000歩を達成すると、5コインをGETできます。また週次の累積で更に、10,000歩、20,000歩、30,000歩ごとに、ボーナスコインの配布があります。
さらに動画広告を視聴することで1コインを獲得することができます。歩数コインを貯めてAmazonギフト券に応募したり、交換することができます。

◆コインの使い方は2種類
コインの使い方は「歩数くじ」と「景品交換」の2種類です。どちらもAmazonギフト券を獲得することができます。歩数くじは1回50コインで1日三回まで引くことができます。
景品交換の場合は交換コイン数によってレートが変動します。
500コイン→50円分  10%
2,500コイン→500円分 20%
15,000コイン→5,000円分 33%
25,000コイン→10,000円分 40%

◆移動軌跡のログ機能  
日々の移動した軌跡を地図に記録することができ、さながら日記のように使うことができます。また歩いた歩数・距離・カロリーをアプリにて記録することができます。


MoneyStep(マネーステップ)

貯め方達成型
レート10,000歩で3Pt/日
200,000歩で10pt/月
交換先トラノコ
アプリ価格無料
URLhttps://money-step.com/

MoneyStepの特徴

◆ポイント獲得は達成型
1日1万歩で3円分
月20万歩で10円分
有効期限がないポイントなので、ゆっくり自分のペースで貯められます。

◆貯めたポイントは投資活用
ポイントの交換先は「おつりで投資トラノコ」のみ。トラノコに連携することで1ポイント(=1円)単位で投資可能です。運営会社はトラノコを運営しているTORANOTEC株式会社になります。つまりトラノコのアクティブユーザーを増やすためのアプリという位置づけです。

◆ヘルスケアデータも管理
歩数のほかにカロリー計測やメモ機能など、一般的なヘルスケアデータを管理することができます。

MoneyStepのメリデメ

ポイント交換先はトラノコ一択。なのでトラノコユーザーでないと使う意味はありません。
トラノコが月額300円なので、Moneystepの活用先としてトラノコを利用するというよりも、既存トラノコユーザーの投入予算をチリツモで増やすためにMoneystepを利用するというケースが多いと思います。

逆に言えば、トラノコユーザーであればMoneystepは確実に利用しましょう。ただ1万歩の達成型なのでそう簡単にはいかないと思います。

Renobody

貯め方歩数達成型
レート8,000歩で1ポイント
交換先WAON
アプリ価格無料
URLhttps://renobody.jp/

Renobodyの特徴

◆歩数達成型でsmart WAON獲得
一日8,000歩で1WAON POINTが必ず貯まります。さらに期間限定でポイントがもらえるキャンペーンも実施していることも。ただ事前にsmart WAONと連携していないとポイントがたまりませんので要注意です。

◆ヘルスケアデータをまとめて管理
歩数に加え、消費カロリー、距離、活動時間を管理することができます。また目標体重と実績体重を入力することで体重管理をすることができます。

◆ダイエットに使える
「いついつまでに何kgやせたい」「どのくらい歩けばいいのか?」といったお悩みをサポートする機能が搭載。

Renobodyのメリデメ

Renobodyはヘルスケアアプリが主目的でサブ機能としてポイント連携がついている、といった位置づけのアプリです。したがって貯められるポイントもWAONのみで、さらに事前にsmart WAONと連携していないとポイントが貯まりません。
なのでポイ活ユーザーにとってはあくまでもサブアプリとなるでしょう。


まとめ

ウォーキングでポイントが貯まるアプリは大きく次の2つに分けることができます。

まず正統派ポイ活系アプリ。これはビジネスモデルが広告だけなので、歩数で自動でポイントが貯まることは少なく動画広告の視聴が条件であったり、抽選型のケースが多いです。
次にヘルスケア系アプリ。これは本業がヘルスケアの月額課金がビジネスモデルでプラスアルファの機能としての歩数ポイントが付く形です。たとえばdヘルスケアやRenobodyといった歩数達成型です。

自分の好みや生活スタイルにあったポイ活を選ぶことがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました