スポンサーリンク

エポスカード(マルイのクレカ)をポイ活がおすすめされる理由

スポンサーリンク
ポイ活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エポスカードは「貯めやすい」クレジットカード

丸井が運営するエポスカードはポイントを貯めやすいカードです。ただ注意が必要なのは貯めやすいカードはエポスのゴールドカードのみ。

ゴールドカードというと敷居が高く感じるかもしれませんが、エポスのゴールドカードは年会費ゼロ円で1.5%還元にすることができるカードなのでおすすめカードと言えます。

エポスカードはゴールドカードが実質無料でもてる

エポスカードの年会費は5,000円なのですが、インビテーションをもらってゴールドカードにするとね年会費が無料になります。

ゴールドカードではポイントが無期限で貯まるのでじっくりゆっくり自分のペースで貯めることができるようになります。

1.5%還元にできる

エポスゴールドのポイント還元率は0.5%ですので一見、低還元カードのように思いますが、ちょっとまた。

エポスゴールドは1年間で100万円の支払いをすることでボーナスポイントとして10,000ポイントをもらえるようになります。

100万円×0.5%の5,000ポイントとボーナスポイントの10,000ポイントを合わせて15,000ポイントになるので1.5%還元になります。

100万円以上の支払いで合計還元率は徐々に低下していくのでその点はあしからず。

100万円達成を簡単にする方法

年間100万円というとハードルが高く感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

月額に直すと約9万円です。

  • 光熱費1.5万円+食費3万円+
  • 次の裏技

エポスカードでtsumiki証券の投資信託を毎月5万円まで積み立てて購入することができるのですが、エポスの100万円にはこの積立費用も対象になります。

この積立は売却しても対象になるので、毎月5万円をリスクの低い商品で積み立てて売却をすることでほぼリスクなしで60万円を載せることができます。

さらにauPayプリペイドカードへのチャージも対象になるので、税金や公共料金を月々2万円支払うことで年間24万円。

残りは16万円になるので。月々1万円ちょっと支払うだけで15,000ポイントをもらうことができる打ち出の小づちにすることができます。

3倍ポイント

さらにエポスゴールドでは「選べるポイントアップショップ」というポイントが3倍になるサービスがあります。このサービスは指定した3つの支払先の場合、ポイントが3倍になるサービスです。

電力会社や水道会社、保険会社など毎月発生する支払いが対象になるので、年間換算するとかなりお得になります。

公式サイトより引用

定期支払となるお薦めは他にもあります。

  • 電気(東京電力、東北電力、関西電力、中国電力など)
  • ガス(東京ガス、西部ガス、東邦ガス、静岡ガス、北海道ガスなど)
  • 水道(東京都水道料金、福岡市水道料金など)
  • 新聞(読売新聞、朝日新聞など)
  • テレビ(NHK放送受信料)
  • 交通(モバイルスイカなど)
  • 自動車関連(出光石油、エネオス、昭和シェル、ETC利用など)
  • スーパー(イトーヨーカドー、成城石井、ダイエー、ベイシア、ヤオコーなど)
  • コンビニ(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ)

選べるポイントアップショップの公式サイトはこちらから

投資の原資にできる

エポスポイントはマルイでのショッピング割引や商品券・ギフト券をはじめ様々な使い方ができます。

ほとんどが1ポイント1円、もしくは1円以下になってしまいますが、ポイント投資にすることで将来的に1ポイント1円以上になる可能性を秘めています。

  • マルイでのショッピング割引
  • プリペイドカードに移行
  • ネット通販利用分をあとからポイント割引
  • ネット通販でお会計時にポイント割引
  • 商品券やギフト券に交換
  • 他社ポイントに移行
  • グッズに交換
  • 支援団体に寄付
  • ポイントで投資をする
  • 年会費をポイントで支払う

エポスポイントをポイント投資に活用する3つの方法

エポスポイントを投資に活用するには3つの方法があります。1つ目はエポスポイントと提携しているtsumiki証券を活用した方法で、ほかの2つはいったん他のポイントにポイント移行をして投資費用に充当することができます。

エポスポイント → tsumiki証券

tsukiki証券とは2018年から準備をはじめ2020年12月に発足した100%丸井出資の証券会社です。そのためエポスポイントを直接投資費用として充当することが可能です(100ポイントから)

tsumiki証券は「”投資はじめてさん”にぴったりの資産づくり」というキャッチコピーだけあって、投資できるものは厳選されていて、5つの投資信託のみとなっています。

●セゾン・グローバルバランスファンド
 ・世界分散型
 ・日本(10%) 海外(90%)
 ・株式(50%) 債券(50%)

●セゾン資産形成の達人ファンド
 ・世界成長型
 ・日本(12%) 海外(88%)
 ・株式(100%)

●コモンズ30ファンド
 ・サステナビリティ重視型
 ・日本(100%)
 ・株式(100%)

●ひふみプラス
 ・未来応援わくわく型
 ・日本(88%) 海外(12%)
 ・株式(100%)

●まるごとひふみ15
 ・ちょこっと未来応援型
 ・日本(30%) 海外(37%) 現金その他(33%)
 ・株式(15%) 債券(85%)

エポスポイント → dポイント → コネクト証券 or 日興フロッギー

ポイント投資ができるdポイントにポイント移行後に、コネクト証券や日興フロッギーで投資費用に充当することで、ポイント投資をする方法もあります。

dポイントでポイント投資をする先は2社あり、コネクト証券と日興フロッギーになります。

コネクト証券

コネクト証券は大和証券グループのスマホ専用証券です。投資信託だけでなく個別株を1株(ひな株)から購入することができることが特徴です。1株から購入ができるのでポイントだけで株を買うことができます。

さらに日本株だけでなく米国株も購入ができます。dポイントで米国株を買えるなんて夢のようですね。

ひな株の手数料は、リアルタイム時価の0.5%を取引手数料として発生します。

日興フロッギーからの現金化で証券会社

dポイントの場合、日興フロッギーでも株を購入することができます。日興フロッギーの特徴は100円単位で株を購入することができる点です。

銘柄によっては1株でも単価が高いことがあります。たとえばオリエンタルランドは100株で約200万円、1株でも約2万円です。

日興フロッギーならオリエンタルランドでも100円から購入することができるので、すごく始めやすいサービスとなっています。

100万円以下の場合、買いの手数料は0%、売りの手数料は0.5%です。

株主優待や配当目的で長期保有の場合、売るまで手数料がかからないのはメリットですね。

ポンタポイント

エポスポイントはポンタポイントにも交換できます。そしてポンタポイントはauカブコム証券でポイント投資をすることができます。

カブコム証券でも1株(プチ株)から購入することができるのでポンタポイントで投資をすることに有意義に活用することができます。

プチ株では、9,000円以下の場合52円、それ以上の場合は0.55%が手数料として加算されます。

コネクト証券でもポンタポイントを使えるので、両方合算できるコネクト証券はけっこうおすすめ

エポスゴールドの基本スペック

エポスゴールドは年会費無料にもかかわらず、「ポイント無期限」「ボーナスポイント10,000ポイント」「海外旅行傷害保険が自動付帯1,000万円」という高コスパクレジットカードです。

1枚持っておいて損がないカードと言えると思います。

通常エポスカードエポスゴールド
ポイント有効期限2年間無期限
選べるポイントアップなし3ショップ最大3倍
年間ボーナスポイントなし最大10,000ポイント
マルイのネット通販
マルイ・モディ(200円に付き)
1ポイント2ポイント
10%ポイントプレゼント5DAYSなし
家族をゴールドカードへ招待なし
ファミリーボーナスポイントなし最大3,000ポイント
家族でポイントシェアなし
空港ラウンジ利用なし無料
海外旅行傷害保険最大500万円自動付帯
最大1,000万円

裏技で100万円を難なく貯める方法

60万円までほぼノーリスクで積み上げ可能

通常の支払いだけで100万円となるとメインカードにする必要があると考えてしまいがちですが、そんなことはありません。

マルイ系列のtsumiki証券の「買付⇔売却」をするだけで、サブカードで100万円を軽く達成することができるようになります。

tsumiki証券の「まるごとひふみ15」を定期で買い付けて、売却をするだけで年間60万円の底上げにすることができます。

まるごとひふみ15は債権が85%のため他の商品よりも値動きが少なく、即売りをするのにおすすめの商品です。

イラスト

aupayプリペルートで公共料金で積み上げ

税金や公共料金の支払いは銀行引き落としにしていませんか。そんな方は今すぐaupayプリペイドカードを発行し、nanacoで支払うようにしましょう。

このルートを使うことで、クレカポイントとaupayポイントの二重取りとエポスポイント修行に充当することができます。

月々1-3万円程度はあると思いますので、60万円に加えて、こちらも底上げすることができます。

ここまでしたらあとは、月々数万円の支払いで100万円に到達させることができます。

サブカードでも1.5%還元を達成できるので、是非ともエポスカードを活用しましょう

公式サイトはこちらから

タイトルとURLをコピーしました