スポンサーリンク

【完全放置OK】農業系Play To EarnのMy Rich Farmを徹底解説

スポンサーリンク
GameFi

ブロックチェーンゲーム(BCG)初心者の管理人が、初心者目線でわかりやすく低リスク低リターンでいいから始めてみたいという方向けの記事です。

STEPNをはじめとしたBCGは初期費用に数万円、数十万円といった費用がかかることが多く、初心者には興味がありつつも始めること自体に躊躇してしまいます。

そんなところに現れたのがMy Rich Farm(以下MRF)。MRFは低リスク低リターンで稼げるPlay To Earnとなっていて、かなり始めやすいゲームとなっています。

記事の一番下に紹介用URLがあります。

興味を感じたら、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

My Rich Farm(MRF)とは

ゲーム概要

MRFとは農場を運営して収益を稼ぐ(そしてその収益を換金する)ブロックチェーンゲームであり、Play To Earnのブロックチェーンゲームです。

BCGの中でもローリスクローリターンの思想があります。STEPNのように爆益もあれば爆損もある、というモノとは違って安心して稼ぐことができます。

暗号資産初心者、自分のお小遣いの範囲で楽しみたい人向けのゲームといえると思います。

  • 初期投資:あり(NFT購入)
  • 投資額:低い(他のBCGと比べて)
  • リターン:低い
  • 作業コスト:低い

稼ぎ方

ビジネスサイクルは次のようになっています

  1. 種まきをする(Raise)
  2. 育てる(実際は自動なので何もしない)
  3. 収穫をする(Harvest)
  4. 収穫したものを販売する(収穫と同時に販売されるので)
プレイヤー作業まとめて作業自動
種まきをするRaise可能(Raise All)ドローンで可能
育てるなしドローンで可能
収穫するHarvest可能(Harvest All)ドローンで可能
収穫した作物を販売するなしドローンで可能

プレイヤーがやることは種を植える(harvest)と収穫するharvestだけという超カンタンシンプルなゲームになります。
育てるという概念はありますが、なにかをする必要はないので時間がない人にもできるゲームです

ドローン(Offline Auto-Farming)で完全放置可能

全自動可能また仕事中は作業できないといったヒトでもできる機能があります。ドローンをくりっくすることでRaiseからHarvestまでを全自動でやることができます。

注意点というわけではありませんが、ドローンで収穫を自動化(外注)することで収穫益の10%を支払うことが必要です。

農場ランク

MRFを始めるには農場NFTを購入する必要があり、これが初期投資になります。農場NFTのランクは4段階あってそれぞれの違いは収穫額(日販)です。

原資回収期間はいずれも3ヶ月程度であり、それ以降の収益に影響してきます。

同ランク内での日販に

一番安いNFTは数千円から購入できるので初心者にははじめ安いゲームといえます

この農場は販売個数がそれぞれ決まっていて、storeから購入することができます

また一度購入したNFTは販売することもできるのでリスクは低いといえます

ランク名称販売価格円換算(6RCH)日販(日次収益)円換算(6RCH)
低級 農場NFTBeginner Farms900 RCH5,400円8~12 RCH48~72円
中級 農場NFTIntermidiate Farms3,900 RCH23,400円38~47 RCH228~282円
上級 農場NFTAdvansed Farms23,900 RCH143,400円238~283 RCH1,428~1,698円
最上級 農場NFTSupreme Farms63,900 RCH383,400円638~753 RCH3,828~4,518円

STORE と marketPlace

公式のNFT販売所のことをstore、いちど購入した個人がNFTを販売するプラットフォームをmarketplaceと言います。

その他サブスキル

農場NFTを購入すると、プレイヤーは下記のサブスキルをランダムに獲得することができます。

各サブスキル1つのメインスキルと追加のスキル(特定の確率で取得およびトリガーされる)があり、さまざまな方法で毎日のRCH収入を増やすことができます。

5ランクの6種類の合計30種類のサブスキルがあります。

じょうろ

トラクター

風車

かかし

ペット

穀物貯蔵

レベル上げ

ひとつひとつの作物に対してレベルという概念があり、RCHを払うことでレベルを上げることができます

レベルをあげると作物の育成時間を短くすることができるので、短時間で日販を増やすことができます

レベルは育成時間の短縮で、収穫回数や収穫売上を増やすものではないので注意が必要です


My Rich Farmの始め方

必要なのはRCHとBNBです。MRFの通貨であるRCH(リッチ)とガス代としてのBNBが必要です。

国内取引所でXRPを買う

まずは国内の暗号資産取引所で口座を開設することが必要です。
国内取引所は「コインチェック」でも「GMOコイン」でも大丈夫です。

送金手数料の安さを考えてリップル(XRP)がおすすめです。MRFで遊ぶさいに必要なので、とりあえずそれに足りる分だけを購入すればOKです。

バイナンスでBNBを買う

続いて、バイナンスで口座開設しましょう。BNBを扱っている海外取引所は他にもありますが、バイナンスが一番おすすめです。

開設した国内取引所からバイナンスにXRPを送金します。そしてバイナンスでXRPをBNBにトレードしてBNBを手に入れましょう。

メタマスクに送金する

先程購入したBNBをメタマスクに送金します。

メタマスクとは、暗号通貨を保管するための『口座』です。マイリッチファームを遊ぶためには、メタマスクが必要になります。

パンケーキスワップでBNBからRCHへトレードを行うことで手に入ることができます。

My Rich Farmを登録する

公式サイトからマイリッチファームを登録します。

登録に必要なのは次の3つなのですぐに始めることができます。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • メタマスク

農場を買う

登録が完了したら、作物を収穫するために農場NFTを購入しましょう。

農場NFTの購入にはSTOREとMarket Placeがあります。

  • STORE:公式から購入。デイリーRCHがいくらになるかは、ガチャ要素
  • MarketPlace:個人の二次流通から購入。スペックが事前にわかっている

好きな方で構いませんが、デイリーRCHのブレも楽しめるのでSTOREから私は買いました。

画面右下の「STORE」をクリック

欲しい土地を選び、「PURCHASE」をクリック。

土地を獲得したら、画面左下の「My FARM」をクリックすると、自分の土地にアクセスできるようになります。

マイリッチファームは、多くのBCGの初期費用が高く始めにくいといったハードルを見事に解消していると思っています。

ちょっとした小銭を稼ぎたい、ブロックチェーンゲームを始めてみたいという方にはおすすめのゲームですので是非始めてみてください。

紹介URLはこちら

マイリッチファームを始めてみたい方はこちらのリンクから始めてみてください。

My Rich Farm
タイトルとURLをコピーしました