スポンサーリンク

18歳以下への10万円分給付は現金で確定の模様

スポンサーリンク

紆余曲折と様々なところからの批判を経て、年収960万円世帯の18歳以下に一人当たり10万円の現金給付がほぼ決まったようです。体裁は現金給付も認める、という形ですがこの状態でクーポンを実施するところはほとんどないと思われます。

そもそもなんのための給付なのかがブレブレになったので、反対意見もばらばらで収集つかなかったですね。
クーポン配布に900億円は高いという意見や、900億円あったら所得制限の対象外にも払えるとか。

管理人のさばちゃんとしては、クーポンを配布するとなると特殊印刷であったり、対象商品の見極め、専用のシステム構築とか郵送など、しかもそれを超短期で実行するという大プロジェクトです。それをやれるのは大企業しかないですし、そういう企業は人件費も高いので900億円は妥当かなと。

さて、もらえる世代は有効的に活用させていただきましょう。入学世代は制服やランドセル、入学金などで良いですが、それ以外の世代も子供の教育に使いましょう。

たとえばプログラミング教育や英語教材セットなんかもありです。子供が運動部なら焼肉食べ放題10回分といった使い方もありかも。

いずれにしろなるほどという使い方をすると、ママ友パパ友のグループで賢い認定されそうです。

将来の年金と税金を払う世代を私費で育成していると考えて変に恐縮せずに使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました